PSY-NO

since: 2004-11-07 update: 2004-11-28 count: 36148

説明

アクションロープレ的な文脈で弾を避けつつ剣で敵を殺陣ります。


更新情報


スクリーンショット

適当に三枚。

コンボ中コンボ中そのにムダにリプレイ/ネットランキング対応


ダウンロード

Winバイナリとソース同梱です。

psyno-0.3.0.zip

PSY-NO for MacOSX (dmg)

README.txt

x86 アーキテクチャ && GDC でコンパイルする場合、 Makefile.init の -ffast-math を外してコンパイルする必要があります。 そうでないと、リプレイが非互換になってしまいます。 申し訳ありません。


スコアサーバ

なにげにいんたーねっとらんきんぐです。

scoreserv.cgi


感謝

mineletさんの Digitalized Heaven を使わせてもらってます。 ご快諾いただき、感謝感激でございます。

http://fakesystem.net/

SDL に感謝。

http://www.libsdl.org/

クロスプラットフォームなゲームライブラリ。 とにかく抜群の信頼性。自分のプログラムに集中できます。 低レベル過ぎるのがちと最初は酷だけど、 慣れるとサブライブラリの選択が楽しいのもまた魅力。

SDL_mixer に感謝。

http://www.libsdl.org/projects/SDL_mixer/

SDL の音楽関係のサブライブラリ。 なんか色んなフォーマットの音楽が統一インターフェイスで鳴るのです。

SDL_net に感謝。

http://www.libsdl.org/projects/SDL_net/

D の std.socket がどうもアレなので。

OpenGL に感謝。

http://www.opengl.org/

有名すぎて説明する気も起きませんけど。

Portable Coroutine Library (PCL) に感謝。

http://xmailserver.org/libpcl.html

fiber 作るライブラリです。 自分で対応プラットフォームを増やしてます。 ( http://d.hatena.ne.jp/shinichiro_h/20041111#p1 ) 自分的には、 D言語+PCL はかなり無敵なゲーム製作環境な気がしています。 とてもラクチン。 enemy_move.d などを参照されたし。

Mersenne Twister に感謝。

http://www.math.sci.hiroshima-u.ac.jp/~m-mat/MT/mt.html

これがないとリプレイ実装する気が起きません。

SDL_pad を使っています。

http://shinh.skr.jp/sdlpad/

SDL のちょっとしたラッパです。

glbf を使っています。

http://shinh.skr.jp/glbf/

bitmap font を描画するライブラリです。

東風を使っています。

今はどこにリンクをはったら良いのだろう…


home / index

全てリンクフリーです。 コード片は自由に使用していただいて構いません。 その他のものはGPL扱いであればあらゆる使用に関して文句は言いません。 なにかあれば下記メールアドレスへ。

shinichiro.hamaji _at_ gmail.com / shinichiro.h