トップ «前の日記(2006-05-12) 最新 次の日記(2006-05-14)» 編集

はじめてのにき

ここの位置付け

2004|11|
2005|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|

ToDo:


2006-05-13

_ IMでちゃんと会話できた

http://www.startforce.jp/

やばすぎる。

(03:54)

_ 無理数

無理数+無理数=無理数だけど無理数*無理数は どっちもアリだよな。 んじゃ何乗したら有理数になる数字の全体とかは ええと自然数と同じ濃度かな。

(07:35)

_ 無限論の教室

読み中。

面白いけど気に入らない。 教授が実無限の立場じゃないからだろう。 実無限を認めないんなら虚数は実在しないんだなとか思うし。

野矢氏はどっちの立場なんだろうか。

(15:50)

_ エロビデオ見てるだけのエロマンガ

エロシーンだけのエロマンガって別に ビデオ見てるだけでもいいということにならんかみたいな。

(16:47)

_ えー

http://www.rubyist.net/~matz/20060401.html#c10

いや本当にこれがこれなら残念気味だな… まぁ知ってるけど言及が不十分になっちゃったし サラっと流したとかかな… 多相ある言語とかも知ってるだろうし そこで動的vs静的はできんだろうと…

(18:55)

_ RangeNum

普通は range から出ると例外飛ばすが ゲームの場合 range から出ると切り捨てるのは有効。

(19:29)

_ なんか大作が

ryoku060513084605.gif

(22:51)

_ shinichiroの今後にご期待ください

http://www.google.com/trends?q=shinichiro%2Chamaji&ctab=0&geo=all&date=all

(23:09)

_ おろろーん

SQL にだけは負けたくなかった…

http://www.google.com/trends?q=SDL%2CSTL%2CSQL&ctab=0&geo=all&date=all

(23:13)

_ おろろーんおろろーん

SDL Extension Libarry にすら勝てない…

http://www.google.com/trends?q=SDL%2CSTL%2CSEL&ctab=0&geo=all&date=all

(23:14)

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
_ k.inaba (2014-05-24 02:30)

駒場で授業受けたときの話では、野矢せんせは激しく可能無限派でした。対角線論法を批判するくだりとかは、私も思考を最大限可能無限に寄せてみてもついていけない感じ。

でも、(虚数の定義にもよりますが)iや2iや3iの実在はたぶん認めるんじゃないですかね。

_ shinh (2014-05-24 02:30)

ご教授ありがとうございます。そりゃ可能無限の立場じゃなきゃこの雰囲気では書かんですよね… > 野矢せんせ
可能無限の立場の思考で考えれば、言ってることはわかるんだけど…やはり気に入らない、って感じですね。博士の愛した数式中の博士は、数学を人間が作ってるんじゃなくて神が作った数学の一部を人間が発見させてもらって感動していくんだ…みたいな感じだったので、それとの反転でなおさら抵抗が強くなったという感もあると思います。

虚数については、人間が発見した概念は実在する、みたいな説明でオッケーなんだろうなと思います。それは良いんですけど、例え話に、「わっかんねえもんは実在してないんだよ。だから実無限は無いよ」みたいな雑な説明が出てきたと思うんですが(今パラパラめくって発見できず…)そーいう論拠で補強するのは、ダメだろうというか卑怯じゃないかと思ったんだったと思います。
そんな感じで、この本の中には、補強説明にヘンな比喩がちょくちょくあったような…という。具体的な個所がイマイチ思い出せないんですが、例えば、
http://shinh.skr.jp/m/?date=20060515#p01
でメモっていた「Aということを考えた」の否定は「Aということを考えていない」であることは後で出てきましたけど、初出の段階で、「Aということを考えた」と「Aでないということを考えた」の対比をもって論拠を補強するような書き方なのが気に入らなかったみたいです。

_ k.inaba (2014-05-24 02:30)

ふむむ、確かに。哲学者の説明はいっつもこうだから…と、個々の論理的なつながりが変でもおおむねスルーして読む癖がついてました。

ただ、さっきパラパラめくってみて思い出した記憶では、「実数の全体という集合は存在しない」と「ひとつひとつの実数が存在しない」という主張&比喩がごちゃまぜになってて読みにくい…と思った気がします。前者の言いたいことはまあわかるけど後者は理解できんなあ…と思って、後者の話はなかったことにして読んでましたね。(^^;

_ shinh (2014-05-24 02:30)

なるほど哲学系の主張はその態度で見ると良さそうですね…違う話ですが、ハイゼンベルグの不確定性と、俺は10分後に歩いてるか走ってるか不確定である、みたいなのをごっちゃにした議論を見たことがありまして、これももう、非常に気に入らんかったというか論外だと感じたことがあります。哲学の根拠をかじった科学に求めるな、と。

あと、実数全体と実数単体の話も全くその通りだと思います。πの中に7が10個ならぶことはあるとも無いとも言えない…とか、えーそれはありえん…と思いながら読んでて、その理由はキチンと考えてなかったんですが、その両者がごっちゃになってたからですね。

あ、そうそう、不満をダラダラ言ってますが、哲学の読み物、数学の歴史、としては啓蒙書大好きっ子なので非常に楽しめました。そもそも不満を言うのはそれなりに楽しんだ証拠ですし。ご紹介ありがとうございました。

お名前:
E-mail:
コメント:
人生、宇宙、すべての答え
本日のリンク元

2006年
5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1.Ioqyvutb(2014-05-24 02:30) 2.Lhinhmux(2014-05-24 02:30) 3.viagra(2014-05-24 02:30)
search / home / index

全てリンクフリーです。 コード片は自由に使用していただいて構いません。 その他のものはGPL扱いであればあらゆる使用に関して文句は言いません。 なにかあれば下記メールアドレスへ。

shinichiro.hamaji _at_ gmail.com / shinichiro.h