トップ «前の日記(2008-12-02) 最新 次の日記(2008-12-04)» 編集

はじめてのにき

ここの位置付け

2004|11|
2005|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

ToDo:


2008-12-03

_ Enumerator#inspect

http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-dev/37248

の議論を IRC で見てて、最初にぱっと思ったのは

def make_pure_enumrator(e)
  def e.inspect
    "#<Enumerator::#{to_a.inspect}>"
  end
  e
end

class Array
  alias orig_each each
  def each
    make_pure_enumrator(orig_each)
  end
end

p [1,2,3].each

みたいな感じのを、 Array の中身を include 一発でできるんじゃないかなぁ、 と思ったのだけど、やっぱできないような気がして、 書いてみたらやっぱりできなかった。 できるのかもしれんが。 まぁ Ruby むつかしい気味ではある。

あとこれ Ruby 1.8 で動かんね。

(01:02)

_ GC

http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/20149

このスレッドが面白いなぁとか思ってたんだけど誰も反応してないから、 まぁ日頃から GC に慣れ親しんでる人には常識なのかなぁとか思ってたんだけど、 なんか matz さんが反応した。 月曜に色々聞いた感じでは GC フェチには常識的な感じではあるみたいだ

(02:29)

_ ウヒョー

ttp://shinh.skr.jp/t/tree.gif

http://d.hatena.ne.jp/miura1729/20081202/1228227760

を使ってみた。素敵だなあ。

ttp://shinh.skr.jp/t/081202_2358.jpg

まぁでもこっちの方が読みやすいよね!!

(02:47)

お名前:
E-mail:
コメント:
人生、宇宙、すべての答え
本日のリンク元

2008年
12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1.kosaki(2014-05-24 01:57) 2.shinh(2014-05-24 01:57) 3.kosaki(2014-05-24 01:57)
search / home / index

全てリンクフリーです。 コード片は自由に使用していただいて構いません。 その他のものはGPL扱いであればあらゆる使用に関して文句は言いません。 なにかあれば下記メールアドレスへ。

shinichiro.hamaji _at_ gmail.com / shinichiro.h