トップ «前10日分 追記

はじめてのにき

ここの位置付け

2004|11|
2005|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|

ToDo:


2022-06-28

_

一応コンセントガードするやつで守ってあるつもりだった(ただ賃貸なので釘打てないので養生テープで止めてあった)防御を破って、僕の部屋のコンセントをひっこ抜いてしまった。そしてデスクトップパソコンの電源が切れ、ちょうど git がちゃがちゃやってるタイミングだったからか

$ git diff
error: object file .git/objects/ee/1e4984bca54ffa7b57ceb35c49c980b0d38d56 is empty
fatal: loose object ee1e4984bca54ffa7b57ceb35c49c980b0d38d56 (stored in .git/objects/ee/1e4984bca54ffa7b57ceb35c49c980b0d38d56) is corrupt

などと .git の破壊に成功してしまった。 push してないブランチはたぶん無いような気がするが、ブランチの一覧とかが見られなくなって、結構それなりに真剣に困る事態になった

電源急に切れるくらい怖くない、と思ってたけど、案外困るもんやな……

(13:14)


2022-06-27

_ モノリシック vs マイクロサービス

定期的に「モノリシックなものをマイクロサービス化したらとんでもないことになった」という話を聞くように思う(つまりちょっと前も聞いた)。僕がよく聞くパターンは、モノリシックでわけわからんくなったものをマイクロサービス化したら、わけわからん RPC が飛びまくる、よりわけわからん、非効率なものになった、というもの

たぶんだけど、あまり理念とかを考えずに、マイクロサービス化することが目的化するとそうなるのかなーと。つまり、今あるモジュールの境界を是として、現在の境界で分割してしまう、っていう。これまぁ、元のコードを書いたのが自分じゃないと、モジュール境界のひきなおしとかって難しくて、しょうがない面もあると、「あんま理念を考えずマイクロサービス化しちゃった」人たちを弁護したい側面もある

つまりなんというか、本当に必要なのは、キラキラした「マイクロサービス化」ではなくて、泥くさいけど「とりあえずモノリシックなままでテストを可能にして、機能を破壊せずに、疎結合になるようにモジュール境界をひきなおす」ってことであるってケースが多そう。これが適切にできてしまうと、マイクロサービス化でも、別言語から使う API の提供でも、そういうのが単純作業に近くなってることが多いように思う

最初からマイクロサービスな開発をするってのは、手間がかかるってのはもちろんあるんだろうけど、ある程度疎結合なデザインを強制する、ギブス的な役割を果たす面がある気がしている。ただまあ本当は、そのためにマイクロサービス開発する必要は無くて、心がまえの問題で、モノリシックだろうが、「今は切れてないけど、やろうと思えば API 化もできますよ」みたいな気持ちで書くのがいいんだろうと思う。個人的には、 C++ でヘッダを小さくするとかは、そういうデザインを強制してくれて良いように思う。なんかヘッダに関数がいくつもある大きいクラスがあって、その関数をあれこれ呼んでいく、てのはつらいめ

最近 ONNX runtime の quantizer を読んでいると、これが極めて密結合でかなりひどい。 ONNX runtime の他の部分の印象は良かっただけに、ガッカリ感が強い。なんかまぁ MS ですらこんなコード書いちゃうんなら、なかなか「疎結合だいじ」てのは、意外と達成しにくいゴールなんだろうな、とか

(17:51)


2022-06-23

_ 続続 MMT

なんとなく色々見た感想として、印象としては非常に悪いものに倒れている。数ヶ月前は、正しいなら興味深い物の見方、間違ってるなら賢い人が間違えるパターンとして楽しそう、という感じだったのだけど、最近の興味は後者に倒れている

正直いろいろ間違ってそうだが、思っていることを書く

MMT 好きの人がよく言っている「通貨発行権持つ銀行が買う国債は金を増やしているだけ、税金は金を減らしているだけ」論は、正しいと考えている

「国債が無限に増えても通貨発行すれば良いだけなので、デフォルトの必要はない」も真だと思うけど、極端な話全国民に 10^100 円発行してばらまければ円は崩壊するけどデフォルトの必要はなく、そりゃ正しいけどだからどうした的な話に思っている

そういう感じで、用途はなんでもいいからとりあえず通貨作りまくってばらまけ、という人もいるのだけど、単なるムダなバラマキすれば破滅するのは自明なので、 MMT の人もまともな人はそこはちゃんと言っている気がする

まあそんなこんなで「MMT 的なものの見方も「普通」のものの見方もたいしてかわらねえなあ」という気持ちになっている

結局、理論は言い方が違うだけどたいして結論は変化なく、現状認識の違いなんじゃいかって気がしている

現状認識で言うと、国債の量がすごいことなってる日本こそがもっとも MMT に近いという話があると思う。これに賛同する MMT の人は、だからこそ他国をさらに引き離すためにもっと MMT やるべきってなっているのか、それとも現状日本は全然 MMT でないのか。このへんよくわからん

今現在インフレでなくてデフレ継続中だと言う人すらいるが、そこはなかなか厳しそうだ

(02:20)

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ soda [コアコアCPI(生鮮食料品およびエネルギーを除く消費者物価指数 https://www.stat.go.jp/dat..]

_ shinh [おお、詳しそうな人が。ありがとうございます 僕は「金融緩和しているのに景気が悪いってことはすなわち政府が支出を..]

_ soda [投資に行くべきお金が貯蓄に向かう最大の要因はデフレ(ないし低インフレ)と将来への不安ですよね。 将来への不安も、低..]

_ shinh [詳しい説明をありがとうございます!ロジックを理解できた気がします > これは国が借金してでもお金を使えば、無視..]

_ soda [1. について。 政府支出の対象に良い悪いはあるでしょうね。 良い悪いには複数の評価基準があって、たとえばタバコ..]


2022-06-20

_ ブラックホール撮影できてなかった話

よくわかってないけど、国立天文台の人がアナウンスしている

https://www.nao.ac.jp/news/science/2022/20220512-eht.html

は、本来見えないものが見えたとしている、て感じの話を同じく国立天文台の人がしているらしい

https://www.slideshare.net/ssuserf12200/why-the-ehtc-made-an-artifact-black-image-and-how-to-obtain-real-black-hole-shadow-images-in-future

https://twitter.com/344Makoto/status/1187580950214922240

雰囲気しかわからないけど、面白かった。雰囲気から考えるに、直接光の強度とかを観測してるんでなくて、周波数を観測しているのかな。そんで装置の特性で取れない周波数の区間があって、それを忘れて、理論予測されてるサイズくらいの区間の像を作ろうとすると、ブラックホールがあろうがなかろうが輪が出てくる、みたいな感じなのかな

再反論は今のところ、複数の実験グループ (4つなのかな) が違う方法で輪を再現しているので、信用性が高い、というものらしい。そのことは把握した上で、4グループが全て同じ間違いをした、という主張なので、反論にはなってなさそう

世に出てる絵は、4つのグループの作った像を平均したものだということで、なんかそれはどうなんだ、という反論もされていて、それはたしかにそれはどうなんだ、と僕も思った

(11:19)


2022-06-17

_ IE

https://speakerdeck.com/jxck/ie-graduation

いやさすがに IE をフォローするのは違和感しかないな……

それはそれとして、 MS の互換性大事にするのはかっこいい。けどむしろその体質が web の進化を遅らせた気すらするな

あと無料については、ハロウィン文章読んで MS への怒りを溜めた世代としては、不当廉売という感覚が今でもある。というかグーグルのプロダクトとかもいくつか、不当廉売も許せんみたいな感覚あるな

(00:59)


2022-06-14

_ LaMDA

https://cajundiscordian.medium.com/is-lamda-sentient-an-interview-ea64d916d917

楽しそう。なんかでもお騒がせな人って話もあるんかな。全部読んでないけど、なんにせよこれ質問的に知性の確認には向いてなさそうな質問な気がするな。そして知性を感じさせる返事を返しやすそうな質問をしている気がする。人間にとって返答が難しい質問を聞くと何を答えてもそれっぽくなるので、簡単な質問を聞いた方が良さそう、とか

どうでもいいけど、違和感あったんだけど、スペルに b が入ってないんだな

(01:13)


2022-06-08

_ 親バカ日記

gmail の draft に書いていたのだけど、「それうっかり discard したら消えない?」と指摘を受けたので

1ヶ月

なにもかもわからなくて大変。とはいえ急速に慣れていった。挙動が理不尽で、いろいろと我慢することもある。せめて笑うなりなんなり、親にご褒美をくれ〜と思う。とはいえ、とんでもなくかわいいので、腹が立ってどうしようもないとかはないし、写真や動画撮りまくったり、かわいい判定深層学習モデルとか作って、はしゃいでいる

2ヶ月

笑うようになる、いろいろと興味を示す、いろいろと動く、など、親にご褒美をくれる状況になる。とてもかわいい。仕事に復帰して、あまり問題になっていない。というか、育児以外のことをやっている、ということで精神的に良い。抱っこ紐など、低労力でハンドルするノウハウを色々得ているということも大きい

3ヶ月

おもちゃを持たせれば持つようになった。とはいえ自分からつかんだりはしない。あと、首がおおむね座っている。これは平均からすると早そう

4ヶ月

声を出して笑った時は嬉しかった。それ以外にも、そろそろこれは人間だなーと感じる挙動をする。仕事も問題ない感じ。元の出力量を100とすると、想像していたのは50くらい、実際は80、という感じだろうか。仕事中は抱っこ紐に入れていることが多かったのだけど、単に転がしておくだけで、おもちゃで遊んで飽きてぐずって、そのまま寝ることもある。もちろん大泣きして仕事にならん時もあるし、あまりにもかわいすぎて一緒に遊んでしまって仕事にならんことも多い。本当に在宅勤務で良かったと感じる日々。適当にそこらの物持たせて写真を撮ったりするのが楽しい

5ヶ月

寝返りなどするようになる。どんどん人間らしくなる。表情も豊かになった。見た目の変化はややゆるやかになり、よくもわるくも慣れてきた。内面はガンガン成長しているのだろう、最初はまるで遊ばなかったオモチャでガシガシ遊んでいる。非常に落ち着きがなく、ガサツな挙動をしている。赤子などそんなもん、という気もするが、僕に似ているという説もある気もする

6ヶ月

僕側の父母との初対面や、いとことの再会などの後に急速に成長したような気がすることがあった。刺激になるのだろうか

うつぶせが好きらしい。それはまあいいんだが、ミルク飲んだ後だと吐くので、表を向けるとウガーと言ってすぐうつぶせになる。おむつを替えている最中もひっくりかえろうとして、おむつかえにかかる時間が倍くらいになった。完全に寝ついたあと、どう見ても気を失っている子を寝床に転がすと、秒でひっくりかえる。起こさないように慎重に仰向けに戻しても、秒でうつぶせになる。まあ鼻が見えてりゃ良いということにした。キーキー鳴いたり、ギャーワー怒って泣いたり。ちょっと前と違って、遊んで欲しい、みたいな怒りかたもするようになった。調べるにどうも自我が芽生えて気に喰わんことがあるが思うようにいかんということらしい。それは喜ばしいことではあるが、まあめんどくさくもある

7ヶ月

突然動き回るようになった。通り道におもちゃとかを配備しても無視し、触って欲しくないクリームだのケーブルに突撃するのだけど、たぶんあるあるだと思う。電源タップの根っこなど、最もクリティカルなところに向かうことになってそう。かわりに、意味不明な理由で鳴きわめくことが減った気がする。腹減った眠いでは依然としてわめくのだけど、そのふたつの欲求が無い時は割と静かなことが多い。一人で暇潰しができるようになったからでは、と思っている。少し目を離すとやたら移動してるので、コンセントの封鎖、ケーブル類の隔離などをちょっとずつやっている

さらに突然、「あー、たー」とか、喋るようになった。ちょっとかわいいすぎて死にかけている

相変わらず異常にうつぶせが好きで、機嫌の悪い時に上向けるとそれだけで怒りだすし、6ヶ月検診で小児科の先生がちょっと驚いてたので、たぶん相対的に見てもうつぶせが好きなんだろうと思う。小児科といえば、卵喰うと吐くというのが二回あったので、アレルギーだろうかと相談した。妻が「また喰わせて再現するか見る」とか言ってて、再現て通じるんかなと思った。僕の話になるが、最近ちょっと疲れが溜まっている気がする。あまり良くない

(17:14)


2022-06-04

_ アカデミア若手地獄は民間のせい

https://twitter.com/Yh_Taguchi/status/1532114095029522433

すごいな……

でも

https://twitter.com/Yh_Taguchi/status/1532898982040858625

https://twitter.com/Yh_Taguchi/status/1532904989450194945

あたりを見るともうちょっと納得感が増える主張だと思った

学問軽視、専門家軽視は良くない、「D 持ちの人は企業でも先生でも、やっぱメタな能力高くていいわあ」という雰囲気になってるとステキ、というのは同意できる

ただそれは民間の責任ではないだろう、と思うんだ。基礎学問のステキさとか、リサーチ力の有益性とかを啓蒙するのは、アカデミアの存在意義という感がある

(14:47)

_ 西原理恵子

お子さんとしてはマンガでさらされてるの、病むレベルでつらかった、という話

https://matomame.jp/user/yonepo665/f790bfd76affd45f413b

いろいろ思うところがあったが、ファンなだけに悲しいものがある。がよく考えると毎日かあさん以降のマンガはほとんど読んでないや。セーフ

(16:27)


2022-06-03

_ 良い話と、いつものアカデミアへの悪態

https://cbi-society.org/home/documents/society_journal/CBI_2022_10_2.pdf

10ページ目あたりから、東大の准教授から PFN に来た方の話。直接面識はないかただけど。アカデミア大変話と、僕にとっては普通なホワイト IT 企業づとめがこう見えるのかー的な気持ちと。単純に文章うまいなあとも

「アカデミアはぬるま湯」とかはもう完全に印象論なんだろうな。元々はたぶん一定ぬるま湯ぽさは実際あったのでは、と思っているが、ぬるま湯につかってた人たちと、それを自浄できなかった、あるいは「アカデミアは一定のぬるま湯であってこそ長期的に価値があることが可能なのである」と社会を説得できなかった人たちのせいで、完全にハードモードの猛者が集まる世界になってしまったんだろう、みたいなことを思っている

そのあたり、僕はアカデミアに不必要に厳しいので、「そのあたり、知らないと社会人として恥ずかしいくらいの一般常識になって欲しいと切に願います」「日本は学術に対する考え方を改めるべきだと思っています」などは、意義をきちんと社会に説明できず、「すぐに価値を生まない研究はダメだよね」的な世界に作り変えられていくのに抵抗できなかった大学のせいだよねえ、という気持ち。もちろんこの方の責任ではないのだろうけど、いったんん悪くなってしまった以上、考えを改めさせるという認識は必要なのではないのかな

(01:16)


2022-06-02

_ secret language 否定意見

https://twitter.com/benjamin_hilton/status/1531780892972175361

しっくり来る

(13:36)


2022年
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1.soda(2022-07-01 03:45) 2.shinh(2022-06-29 21:55) 3.soda(2022-06-28 18:04)
search / home / index

全てリンクフリーです。 コード片は自由に使用していただいて構いません。 その他のものはGPL扱いであればあらゆる使用に関して文句は言いません。 なにかあれば下記メールアドレスへ。

shinichiro.hamaji _at_ gmail.com / shinichiro.h