トップ «前10日分 追記

はじめてのにき

ここの位置付け

2004|11|
2005|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

ToDo:


2017-09-18

_ ノンフィクション

最近ノンフィクションばっか読んでて、社会派気取りである

家族喰い 尼崎連続変死事件の真相

尼崎のやつ。洗脳して複数家族殺しまくりすごい。この相関図の意味不明ぷりがすごいけど、これまだ真相が完全にわかってない段階なんだよな: https://matome.naver.jp/odai/2135088119856125001

思うにヤバいやつが近くにいたら、恥も外聞もなく相談しまくり、そして逃げるのがよさそう。そういう人は「あいつはくみしにくい」とされて助かってるイメージだった。「僕はこういう厄介者ともうまくつきあえるよー」→「腹を割って話すぜ」→その内容で脅される→「うっ自分/身内の恥は晒したくない、穏便にすますには従うしかない」→従ったことで脅す材料が増える→そこから全財産取られて殺されるまで無限ループ、みたいな流れがあるのかなぁと。損切りの難しさのようなものを感じる。あと恥を隠そうとしてバレたらまずい恥の度合いがエスカレートしていく感じとか……

警察に行っても「家族の問題には不介入」と取り合ってくれないことが多かったようだった。一つ感心したのは、事件にしたら介入してくれるんですね、と、どのくらい窃盗すれば捕まえてもらえるかなど弁護士に相談した上、犯人たちに泥棒することを提案して、実際窃盗して、その後紆余曲折あったけど窃盗での自首をして、おかげで命は助かった、という人たちがいたってことだった。発覚の時も隣の県の警察にかけ込んでいるので、なんか地元の警察がダメぽかったらハシゴするとかも手なのかもしれない……いやなライフハックだ……

対談真犯人はそこにいる

桶川ストーカーの犯人見つけたりすごいジャーナリストの対談

絞首刑

死刑判決が出た事件を、犯行や犯人や遺族の発言をまとめて、死刑について考えられる的な。著者は廃止派、編集は存置派、ということでバランスが取れた、とか書いてあるけど、まあかなり廃止よりな記述になってると思う。僕は廃止派、少なくとももっと基準を厳しくしてほしい、と思ってるのでそう思ったのかもしれないけど

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件

北九州のやつ。家族喰い読んだ後は、北九州の方は家族一つだけだしまだマシなのかなぁ…と思ったりしたけど、通電やら死体の処理やら、公判でのすごい発言「『栄養満点スペシャルメニュー』としてカロリーメイトを与えていたことはあります。……略……三種類の味があるので、ぜんぜん飽きなかったみたいです」やら、比べてもしょうがない、どっちも最悪、というあたりまえの結論になった。

主犯は本気で反省の余地全くないぽいし(絞首刑の方では全く悪びれてなくて「俺はハメられた」みたいなことを言ってたとかなんとか)、十分に残虐すぎるし、ということで、廃止派の僕ですらこれは死刑でいいやろと思ってしまう

桶川ストーカー殺人事件

犯人見つけたりして、すごいジャーナリストの話。警察組織の残念さ、みたいなので有名なんだと思う。残念さについて、なんとなくこの件については既に警察が断罪されて、失敗でした、て感じになってると思っていたのだけど、最終的にも残念だったと知って驚いた。警察署員の書類改竄とかについての刑事訴訟では、「いやお前らのせいで殺人起きた感じやんけ」ていう判決が出てるのだけど、それでも県警に対する国賠では「瑕疵は認めるけど、その関連性はわからん」みたいな感じらしく、国賠勝つのってホント難しいんだなあ……と。

この国賠の最中の警察側の主張がクズすぎてすごい。元の殺人事件のために押収した日記とかを被害者遺族を攻撃するのに使っていて、「日記によるとこの日は飲み会とか行っていて、殺人されると本当に思ってる人の行動ではない」など、最初の頃に「風俗嬢のB級事件」と伝えて対応のマズさを隠してたのと、完全に同じノリ。

この人の文章、読み始めの頃はこう、うまく説明できないけど「あっしはしがない三流記者で今日も新橋の赤ちょうちんで焼き鳥でっせ」みたいなノリが(というか実際赤ちょうちんで焼き鳥は何度か出てきてる気がする)鼻につくという感じだったのだけど、なんか読んでるうちに、むしろすごく好きになっていった。

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

桶川の人と同じ著者。冤罪になった足利事件。3人が栃木、1人が群馬で殺された段階で、栃木の三つをやった、として冤罪逮捕。4人目に関して、脅されていったん自白しちゃったのと、当時導入されたDNA判定で、無期懲役。で当時のDNA鑑定は冗談みたいな感じだったと判明していって、冤罪。これもし3人分立件されてたら死刑になった可能性が高くて、同じ手法のDNA判定で冤罪濃厚なまま死人に口なし風高速死刑執行されちゃった飯塚事件を考えると、こっちも死刑になってうやむやになってたかも、というのは本当にすごい

冤罪逮捕のあと、5人目とおぼしき行方不明が出ていて、これらを連続殺人として調査して関連性が判明すると、警察の誤認逮捕のせいで5人目の殺人を防げなかったことになる、ということと、同じDNA鑑定やってる飯塚事件の方は死刑執行しちゃってるから炎上して欲しくない、みたいな感じで、まだ時効になってない5つ目も含めて再調査には非常に消極的、とのことで残念

著者の人は真犯人と思われる人を特定していて、会話もしていて、そして警察もわかってるぽくて、でも野放しぽい。団体、特に権威のある団体の保身てのは本当にすんごいなあと思う

遺族の検察に対するこの発言すごいな……と思った

「おかしいですよ。やっぱり。誰が見ても違うものは違うんですよ。どっかに間違いがあるとすれば、それを追及してもらいたいんです」 そして菅家と呼び捨てにする検察官にこう言ったのだ。「菅家さん。あえて『さん』をつけさせて頂きますが、菅家さんが無罪なら、早く軌道修正をして欲しい。捜査が間違っていたんであれば、ちゃんと謝るべきです。誰が考えたっておかしいでしょう」 そしてこう続けた。「ごめんなさいが言えなくてどうするの」/まるで、子供を諭すような言葉で検察を叱る被害者遺族──それは、犯人を逮捕し、裁きさえすればよしとする司法当局と、真実を知りたいと願う被害者遺族との、決定的な違いのように私には思えた。

ダンナ様はFBI

「FBI流」の謎流儀を合理的思考として色々伝授してくる夫について。良い考え方だなあと思うところもあり、なんじゃそれ、ていうところもあり。例えば初期印象重要という話と、その初期印象はトレーニングできる、とかはそうなんだろうなあとか思った。面白くはあったけど、しかし、FBIの人はこういう人、てよりは、単にこの人が相当面白い人だったんではないかな……

「南京事件」を調査せよ

桶川と足利の人のファンになったので、残ったやつも読んでみた。この人とにかくすごくちゃんと調べる人という感じなので、信用できそう、という感じで。実際、戦後に作られた記録とかは信用せず、戦時中の兵士の日記とかを頑張って調べる、という感じでやったようだった

僕はなんとなく、「虐殺が無いってのはヘンだろう。非戦闘員への虐殺とかは、数の問題じゃないけど、30万てのはだいぶ盛ってるんちゃうの」というような感覚だったと思う。両極端の意見を揶揄する感じの開幕だったので、なんとなく僕の感覚くらいの雰囲気に考えてるのかな、と思って読んでいたのだけど、読み終わってからは、僕が思っていた(数万とか)よりもたくさん犠牲者がいた感じなのかなぁ……と思った。そのへんハッキリとは書いてないけど

「はじめに」のところで、ネトウヨ的な人が「一点突破」してくるだろう、て書いてて、なるほどな、と思った。例えば「そもそも南京市に30万もいない(市外でも虐殺は起きていたとのこと)」とか「肯定派の本のこの写真は別の時の写真だ(故意かどうかは知らないけどミスは認めてる模様)」とか、「日本刀は百人も斬れない(まあ国威高揚のウソだったんだろう)」から、全てウソである、に導く、てやつ

まぁ、これだけだと、論理学とか科学哲学の授業とか受けて下さい、て感じだけど、まあ実際のネトウヨ文は「これらは一例で、他の肯定証拠も我々が検証したところ真実性の無いものだった」みたいな感じで書いてあることが多かったイメージ

子供の死を祈る親たち

長期ひきこもりで、親子どっちかが死ぬ、てレベルになってる家族の問題に介入して、説得して医療を受けさせる、という仕事をしている人の話。つーかそんな職業があるのか……ということがまずすごい

内容もすごくて、「なんでそんなことになるまで……」て感じ。特に糞尿系がすごいというか、強迫性障害でトイレとか風呂に10時間とかかかるようになったあげく、それもできなくなって部屋でペットシート使ってトイレしてて、家も家族もみんな悪臭を放ってる……みたいな

ちょっとくどいくらい書かれてるのだけど、親子の縁を切った方がお互いのためになる家族というのもあるから、認めるべき、という感じの主張が、なるほどなあ……という感じ。「○○であるべき」みたいな教育はバクチ性があり、成功すればいいが失敗すると子供は期待に答えられない自己否定スパイラルで沈んでいく、普通でいいじゃないか、みたいな話はなかなか良い教えな気がする

(17:49)


2017-09-06

_ struts

https://www.scutum.jp/information/waf_tech_blog/2014/04/waf-blog-036.html

via https://twitter.com/n_soda/status/905271939400425472

strutsまだあるんだなあ…と思った。しかしひどいもんだなぁ

(20:12)

_ 最適化コンパイラ

https://tabesugi.net/memo/2017/8.html#021607

via https://twitter.com/mametter/status/904849047462191104

スライドとか見てない。これ以上コンパイラを良くする努力はいらない、という話ならまあそうかなとも思う。でもコンパイラから最適化オプションが消えても良い、という話なら違うと思う。

レイテンシが重要なものだと、周縁的な部分もなんとなく速くしておいてほしいし、データの大量処理のスループットとかも、まあ速く終わるにこしたことないしな

(20:18)


2017-08-21

_ ゾンビ

http://toyokeizai.net/articles/-/184872?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

まぁ普通の微妙な記事だな…と思って見てたらコメントがもっとすごくて面白かった

(03:20)


2017-08-19

_ ICPFC 2017 かなしみ

あまり面白くないってことでlightningで放棄してしまったのだけど、他のAIがエッジをsource/target逆転した状態で送ってくるとサーバがそのまま送ってくるらしく、そしてサーバからの入力ならノーマライズされてるやろ、と勝手に仮定してたコードが死んでたぽかった。

https://icfpcontest2017.github.io/post/lightning-one/

おかげで基本クラッシュしているというひどい有様で、自分で設定した目標が全く達成できないので点数がマイナスで、

Team shinh11 deserves special mention for being the biggest (and worst) gamblers.

というコメントをいただいた。かなしい。

うーんやる気なかったとはいえ lightning はそれなりにいけたんじゃないかなあ…と1行fix入れたバージョンでunagiのコードぽいのと対戦させてみたところ、なかなか良いぽかった。ざんねん

https://gist.github.com/shinh/9d2ef1d27d18687ecaeaf5b8041f4aee

(17:53)

_ スプラトゥーン

2をスルーしてるわけだけど、1はまだやってる。 S+ ではお話にならないので S と S+ をブキを変えつつ往復している感じで、 S30 くらいから S+ に上がれたブキは

  • スシコラ
  • スピコラ
  • ZAP83
  • スシワサビ
  • カーボン
  • ジェッカス
  • シマネ
  • 竹乙

という感じか。無印スシとスプチャも結構長い間やったけど、たぶんS+に上がったことはない。

プレイ時間は表示上は1371時間とかで、まあ放置したせいで1時間経過…みたいなのがいくらかあるとしても、まあ1000時間は越えていて、2はスルーで正解な気がするね

(17:58)


2017-08-17

_ ABC予想

どうも P!=NP は例のごとくダメぽいなーということを色々見てる時に、ABC予想の話が目に入った。

なんとどうもまだ検証が終わってないらしい。

https://wired.jp/special/2016/shinichi-mochizuki/

ここの文章がとても面白かった。誰も理論を理解してないから検証が進むことは考えにくい、というのがまずかっこいい。で、検証を進めるには普及を進める必要があるが抵抗がある、抵抗の理由はいくつかあると進む。

その理由の1つへの反論がとても良い。私の理論を勉強しても自分の研究に役に立つかあやしい、つまり論文書けるか不明という抵抗要因があると。反論は、この理論の数論幾何全体の中の立ち位置と、純粋数学の人間社会全体の中の立ち位置は相似である、というもの。即座に役に立たないのが嫌なら、そもそもなんで純粋数学やってるの?という感じかなあ

http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~motizuki/IUTeich%20Kenshou%20Houkoku%202014-12.pdf

あとこのホームページ(ここでひっそりと公開されたらしい)のデザインがたまらない

http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~motizuki/

(01:12)

_ larry to james

おーいい文章だ。なんかちょっと攻撃的だけど

https://www.economist.com/news/international/21726276-last-week-paper-said-alphabets-boss-should-write-detailed-ringing-rebuttal

最初の方で「人は見たいことを見る」てやつは motivated reading と言うと学んだ

(23:24)


2017-08-16

_ P=PSPACE

https://www.win.tue.nl/~gwoegi/P-versus-NP.htm

をながめてると、 P=NP どころか P=PSPACE まで証明した人がいるんだなぁと気付いた。

でこのむっちゃ短い、しかも引用してる論文が1978と1979ていうすごいやつを見つけた。これは NP=PSPACE を証明してるようだ。

https://arxiv.org/pdf/0708.4075.pdf

(00:03)


2017-08-15

_ P!=NP

https://arxiv.org/abs/1708.03486

が話題ぽかったけど、こんなもんあっとったら20万ドル出したるわ、と言ってる人がいる

http://www.scottaaronson.com/blog/?p=3389

(23:49)


2017-08-13

_ DT_DEBUG

なんか手元のDebianだと、ローダにDT_DEBUGが入ってない。どうせスタティックリンクされてると_r_debug探すしか無いから、ってことかな

(00:42)

_ 新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相

https://www.amazon.co.jp/dp/B074J5FM6V/

すごく面白かった。いろいろひどすぎるけど、両親2姉妹の家族に乗り込んで、父の兄、母、姉、を殺してて、しかも妹に関わらせてる、てのすごすぎるな。洗脳してどうこうてのの構図は北九州のやつとすごく似てるというか、ほとんど同じなのかな。

恐怖で支配して殺人やらせる、捕まった後はさっさと無責任に自殺、てのは連合赤軍思い出すものもあった。まああれは一応悔悟の念はあったわけだけど

(18:45)


2017-08-09

_ パズル認証

https://twitter.com/search?f=tweets&q=%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%AB%E8%AA%8D%E8%A8%BC&src=typd

燃えてるらしい。ただ、たぶんあまりまっとうじゃない批判もあるような気もする

  • 「このクイズを解くアルゴリズムくらい俺でもすぐ思いつく」という批判はイマイチだと思う。さすがにマウスの軌跡とか落とす場所かかった時間など、見てると想定して良いと思うので
  • そもそもCAPTCHAは、解かれることは前提だけど、ボットを作るコストを上げることによってボットを減らすことを目的としているという認識。だから、解くことが可能なことをもって批判するのもイマイチなのではないかと。
  • しかしクレジットカードの不正利用対策でボットを減らす……というのは正直よくわからない。
  • カード番号情報を大量にゲットして、ボットで大量操作、アノマリーディテクションにかからなかったところで儲けを得る、というような手口がある?
  • そういうのが無いとすると、マネーフォワードへの嫌がらせくらいの意味しかなさそう。
  • しかしこれを「認証」と呼ぶのはどうなの?

(00:29)


2017-08-07

_ 性差別

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-35105380-cnetj-sci

のコメントが僕の感覚ではひどいのが多くて、悲しいことだなぁ、と思っていた。したら

https://medium.com/@yonatanzunger/so-about-this-googlers-manifesto-1e3773ed1788

を読めと教わって、さすがいい文章書くなあ…とか思った。

(21:26)

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ にわさき [おおむね同意ですが > It doesn’t matter how good you are at writi..]

_ shinh [むしろまさにそこが「うぐぐすみません」ってなって良かったんですけど ]

_ にわさき [> some large fraction of your colleagues are at root not g..]

_ shinh [あら。僕は上司どころか自身で「お前のコーディングスキルなんて別に貴重でもなんでもないわー」て思ってるので特に悲しくな..]


2017年
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1.shinh(2017-08-11 02:10) 2. にわさき(2017-08-10 17:13) 3.shinh(2017-08-10 16:38)
search / home / index

全てリンクフリーです。 コード片は自由に使用していただいて構いません。 その他のものはGPL扱いであればあらゆる使用に関して文句は言いません。 なにかあれば下記メールアドレスへ。

shinichiro.hamaji _at_ gmail.com / shinichiro.h