トップ «前の日記(2008-06-08) 最新 次の日記(2008-06-10)» 編集

はじめてのにき

ここの位置付け

2004|11|
2005|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

ToDo:


2008-06-09

_ シレン

http://d.hatena.ne.jp/atty/20080609#p1

おお買わなくていいよ情報が

(01:59)

_ 例外

いいかげん見るかーと思って少し考えはじめた。

まず Yajit が呼んだ非 JIT Ruby/C 関数が例外投げた場合。 これはもう JIT 関数では例外受け取れません! とかでいい気がする。いいんだよそれで! この制約はたぶん、 Ruby で書いた Proc オブジェクトを JIT 関数から呼んだ場合の return とかが わけわからんことになる(たぶん落ちる?)を意味する…と思う。

まぁたぶんちゃんとやろうとすると、恐らくだけど、 前者は Ruby 側いじらんといけないと思うんだよね。 だからとりあえず忘れる。 後者は Proc object 動かす時は JIT してから呼ぶ、とかやればまぁなんとかならんでもない気もする。

いや rb_rescue とかでできたりするのかな… rb_rescue もまた rb_rescue2 とかあって萎えるな。 まぁいずれにせよめどいので忘れる。

でまぁとりあえず、その制限のもとでなら break とかはできるんじゃないかな。

あと raise があったら、とりあえず rb_raise 呼んでやるくらいは してあげてもいいと思う。 いかにも面倒そうな rescue だのなんだのはとりあえず忘れる方向で。

しかし未だに Ruby の例外がよくわかってない。 vm_throw の throw_state って色々難解だな…

http://www.dzeta.jp/~junjis/code_reading/index.php?Ruby1.9%2F%CE%E3%B3%B0%BD%E8%CD%FD%A4%F2%C6%C9%A4%E0

http://rhg.rubyforge.org/svn/ja/chapter13.txt

(23:13)

お名前:
E-mail:
コメント:
人生、宇宙、すべての答え
本日のリンク元

2008年
6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
1.やぎ(2008-07-22 19:39) 2.kosaki(2008-06-30 17:04) 3.へるみ(2008-06-29 00:30)
search / home / index

全てリンクフリーです。 コード片は自由に使用していただいて構いません。 その他のものはGPL扱いであればあらゆる使用に関して文句は言いません。 なにかあれば下記メールアドレスへ。

shinichiro.hamaji _at_ gmail.com / shinichiro.h