トップ «前の日記(2007-08-09) 最新 次の日記(2007-08-12)» 編集

はじめてのにき

ここの位置付け

2004|11|
2005|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

ToDo:


2007-08-11

_ 気持ち悪いなぁ

全然うまくなくなってるのに酒飲んだくれてるとか 頭悪すぎだよなぁとは思う。

(00:31)

_ とりあえずメモ

ゴルフでアルゴリズムが綺麗な問題、 を聞かれてぱっと答えられなかったのだけど、

http://golf.shinh.org/p.rb?Sierpinski+Fractal#Perl

なんかはコードは綺麗だよな。 だけどまぁアルゴリズムってわけでもない。 そして説明がめんどくさい。

まぁ delete words が例としてはわかりやすいかなぁと思った。 この問題、普通に解けと言われても サックリ実装したいシーンなら 僕は transpose 4 回すると思う。

http://golf.shinh.org/p.rb?delete+words

ただそんなにインパクト無いんだよな。

こうどうしても main 再帰とかの小手先の方が インパクトが。

(00:35)

_ 印象に残った言葉

ムーアの法則が正しければ、NP問題は線形で解ける

(00:44)

_ うるう

yyYY として、 YY%40 と YY0 を見れば yyYY%40 と yyYY%1000 は評価できる。 あとはYY0かつyy%40なら yyYY%400==0 と。

つまり

(YY0&&yy%40)||(YY!=0&&YY%4==0)

となる。 なんかちょっと綺麗だな。

(01:37)

_ うおお

今目の前でゴルフ場の電源落ちた。

理由は Thinkpad のアダプタがはずれてたから

(02:46)

_ ステップ数ゴルフ

はどうか、という話があったんだけど、 少し考えると全てのループはアンロールすべきになってしまって、 それはつまらんなと思ったことがあったのであった

(03:00)

_ Don't write code like my brother

とか言ってたっけ。 これ公開されてたんだね。

http://video.google.com/googleplayer.swf?docId=9214177555401838409&hl=en

むこうで聞いたテックトークの中でもトップ3には入るので 暇な人はお勧めなかんじだった。

via http://www.sodan.org/~penny/blosxom.cgi/2007/07/30#java-puzzler6

(13:02)

_ 末尾再帰

http://d.hatena.ne.jp/odz/20070809/1186679264

言い訳としてはそもそもまともな教育受けてないから 末尾再帰にかかわらず用語とか適当にしか把握しとらんのだよなー。

こないだも ICFPC2006 の ADVIS とか理攻めで 解けるらしいとか聞いてそういうもんだなぁとか。

どう思ってたかというと、 GCC が最後かけ算があるくらいなら 最適化するとは知ってたので、 関数型は末尾再帰で書けば問題ありません! とかを見てたぶん GCC が最適化できるくらいの ヤツはなんか理論化されてて最適化できるんだろー、 そしてそれを末尾再帰というのだろーと 勝手に思ってた。

むしろなんか今さっき OCaml で fact 書いたら 最適化されてないのを見て愕然としたレベル。 こんなの

let rec fact n = if n = 1 then 1 else n * fact (n - 1);;
print_int (fact 5);;

カンスウガタとかたいしたことないなぁとか。

それはそうと、末尾再帰って話を始めて知ったのは ocaml.jp だったと思う。 その時 ocaml.jp 眺めながら OCaml という言語のすごさに感心しつつ 末尾再帰とかいうのが なんなのかもよくわからんかったし なんで最適化されるかとかもわからんかったので、 こんな難しそうなことがわかる これ書いた人はものすごいとんでもない人なんだろうなぁ とか思ったことを思い出した。

で、そいうやんごとなき人々と話せたりできてる 今ってのは幸せなのかな。 そんな気もそうでもない気も。

(15:15)

_ SSHした先から

クリップボードを共有したい。 ざっくりやるのはたぶん簡単だ。

(21:51)

_ かっこE

http://www.youtube.com/user/itojun

あとで全部見よう。

(22:35)

_ 何がかっこいいかというと

とりあえずカストロTシャツが

(22:55)

お名前:
E-mail:
コメント:
人生、宇宙、すべての答え
本日のリンク元

2007年
8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1.shinh(2014-05-24 02:17) 2.shinh(2014-05-24 02:17) 3.紫月飴(2014-05-24 02:17)
search / home / index

全てリンクフリーです。 コード片は自由に使用していただいて構いません。 その他のものはGPL扱いであればあらゆる使用に関して文句は言いません。 なにかあれば下記メールアドレスへ。

shinichiro.hamaji _at_ gmail.com / shinichiro.h